生漢煎 副作用

生漢煎の副作用は?起こる条件と副作用を出さない飲み方

サプリや薬を服用するうえで、一番心配なのが、副作用だと思います。
防風通聖散は第2医薬品なので、副作用が出る場合もあります。
今回は、生漢煎の副作用について解説します。

生漢煎の副作用の症状と出やすい条件

口コミを調べてみると、下痢や軟便、腹痛、発汗などの副作用が出たという意見がそこそこありました。

 

生漢煎は、天然成分のみを使っているので、それらの症状は化学薬品による副作用ではありません。
安全な成分であるにもかかわらず、副作用が出てしまうのはどんなときでしょうか。
口コミで調べた結果、考えられる原因をいくつか挙げてみました。

  • 体調が悪いときに服用している
  • 日常的に服用している下剤と併用した
  • 用法・用量を守っていない

下痢やめまいなどの症状があるときに服用すると、悪化させてしまう可能性があります。
生漢煎には便通を促す効能がありますので、当然ですが下剤と併用してしまうと効果が出すぎてしまいます。
身体にも悪いので、併用はしないほうがいいでしょう。

 

早く効果を実感したいがために、用法・用量を守らないのは元も子もなくなってしまいます。メーカーが推奨している飲み方を守りましょう。

 

また、副作用といえるのかどうかはわかりませんが、漢方の味がキツイと感じ、気持ち悪くなって吐き気を催す人もそれなりに居るようですね。
味わわず、ササッと飲むことをおすすめします。

 

副作用の出ない飲み方は?

第一に、身体の調子がいいときのみ飲むようにしましょう。
無理に飲んで体調を悪化させてしまっては意味がありません。

 

また、メーカーが推奨している用法・用量を守るようにしましょう。
1日3回、食前または食間に、水かお湯で飲みます。

 

生漢煎のパッケージには、飲むべきでない人が明記されています。
副作用で苦しむ前に、以下に当てはまらないか確認してから飲みましょう。
当てはまる場合は、かかりつけの医師に相談してから安全に服用してください。

  • 現在医師の治療を受けている最中である
  • 妊娠又は妊娠していると思われる状態だ
  • 体が弱く虚弱体質である
  • 胃腸が弱くてすぐ下痢をする
  • 汗をかきすぎる体質である
  • 高齢者
  • 薬などで発疹・発赤・かゆみなどを起こしたことがある
  • むくみが出ている
  • 排尿困難である
  • 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害を患っている

生漢煎は安全に服用してこそ、効果を実感できる漢方です。
体調が悪いときは服用をやめて、用法・用量はしっかり守ることが大切ですね。